そりすべり(Sleigh Ride)

<作曲>

ルロイ・アンダーソン(Leroy Anderson)

 

<アレンジ構成>

鍵盤ハーモニカ(32鍵)3台

 

<曲について>

クリスマスの時期に耳される方も多いと思います。冬の情景がイメージされる素敵な曲です。

♪演奏のポイント♪

  • Part1、Part2はメロディーです。
  • Part3はベースとリズムをキープする役割があります。メロディーに入ってからの2分音符は、「ブー」っといっぱいに伸ばすのではなく、音符ごとに息を吹き込んで「ブワン、ブワン」と演奏します。
  • Part1とPart2はメロディーの掛け合いを楽しんでください。掛け合いから1つのメロディーになり、また分かれてハーモニーを作っていきます。
  • 演奏順が分かりずらいかもしれませんので、記載します。
    1(小節)~44、13~26、45~64、49~59、65~93、29~44、13~24、94~108
  • テンプル・ブロックやスレイベルがあれば、もっと雰囲気がでますね。
  • 51、55小節の空白が気になる時は、2拍目に音を鳴らすと良いですね(原曲にもあります)。足で床を鳴らしてみるのはどうでしょうか。鍵盤ハーモニカ本体を叩くのも良いですが、次の音が難しくなります。

 

楽しんで演奏していただけたら、うれしいです!